「介護脱毛」が話題!メリット・デメリットと脱毛料金を解説

「介護脱毛」が話題!メリット・デメリットと脱毛料金を解説

老後に介護される時のことを考えて、介護脱毛をする40代、50代の女性が増えているようです。リゼクリニックの調査によると、なんと40~50代女性の半数以上が「介護脱毛したい」と回答しています。

介護脱毛とは、一体どのような脱毛なのでしょうか?なぜまだ介護が必要ではない40代、50代の女性に人気なのでしょうか?今回は介護脱毛のメリットとデメリットを併せてご紹介していきます。

介護脱毛とは?

介護脱毛とは?

介護脱毛とは介護が必要となる前に、あらかじめデリケートゾーンやワキなどの気になる部分を脱毛処理しておくことを指します。

介護されるようになる頃には、自分の体を自由に動かせなくなっていますよね。そうなれば当然、ムダ毛の処理をすることは難しい問題です。だからといって介護をしてくれる人に毎回ムダ毛の処理をしてほしいとは言い出しにくいでしょう。

特にアンダーヘアがあると、下の世話の際にきれいに拭き取れずに不衛生になることがあります。オムツをはくことになれば、蒸れてニオイも出てしまいます。

毛があることが原因で、「下の世話が面倒くさい」、「ニオイが嫌だ」と介護を嫌がられてしまうのは悲しいですよね。

脱毛をしておくだけで介護をする側とされる側、双方の負担を軽くすることができます。

そのため、将来受ける介護に対して不安解消のためやエチケットとして、介護脱毛は人気を集めているのです。

40代、50代の女性に介護脱毛が人気の理由とは?

40代、50代の女性に介護脱毛が人気の理由とは?

40代、50代は介護される年齢には早いのに、なぜ介護脱毛が人気なのでしょうか?

それは、親の介護がキッカケになっているようです。40代、50代というと、自分の親の介護を経験することが非常に多い年齢層です。

「下の世話が大変だった、アンダーヘアはない方がお世話しやすい。」そんな経験があるからこそ「自分が介護してもらう時には毛の処理をしておきたい」と介護脱毛は人気となっているのでしょう。

脱毛は時間がかかるので、早めに始めるに越したことはありません。介護をされるには早い年齢だとしても、いつ病気になって要介護になるかは分かりませんから、早めに処理をしておけば不安要素は減ります。

また、一番重要なことが、介護脱毛には期限があるということです。年齢制限があるわけではありませんが、白髪があると脱毛処理ができないことがあります。

年を重ねれば毛髪には少しずつ白髪が交じり始め、アンダーヘアにも同じように白髪が生えてきます。しかし、一般的なサロン脱毛医療レーザー脱毛は黒い色素に反応するので、白髪には反応しづらいのです。白髪が増えてから脱毛しようとすると、かかる時間も費用も割高になってしまいます。

介護脱毛をするメリットとは?

介護脱毛をするメリットとは?

介護脱毛には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは4点挙げていきます。

1.介護に関する精神的な悩みが減る

将来介護をしてもらう側になった時に、少なくともムダ毛に関する悩みはなくなります。女性はいつでもきれいでいたいものです。今まで自己処理をしていたものが介護されるようになったら、全身ムダ毛がボーボーというのは少々恥ずかしいですよね。ムダ毛の悩みはデリケートな問題です。自分で処理をしなくても大丈夫な状態にしておくことは、精神的な安定感につながります。

2.普段のお手入れが楽になる

どの年齢で脱毛をしても同じことがいえますが、自己処理が格段に楽になります。ムダ毛の処理にかかる時間が大幅に短縮され、何もせずとも素肌がきれいになります。楽にきれいになるので、もっと早く脱毛しておけば良かったと後悔してしまうかしれません。

3.介護をする人が楽になる

アンダーヘアの処理がされていると、下のお世話が非常に楽になります。時間も手間も少なくて済むというのは、介護をする人とされる人の両方にとってうれしいことですよね。

オムツになっても毛がなければ細菌が繁殖することもなく清潔に保つことができます。

ワキなど蒸れやすい部分も脱毛がされていればニオイも抑えられて、快適に日々を過ごすことができるでしょう。

4.婦人科系の病気が早期発見できる

介護中にデリケートゾーンに異変があり、誰かに気づいてもらいたくてもムダ毛が多くて気づいてもらえない、ということもあるでしょう。

婦人科系の病気になった時も、ムダ毛がないことで腫れや異常が分かりやすいので、早期発見につながります。

介護脱毛をするデメリットとは?

介護脱毛をするデメリットとは?

これまで述べてきた通り、介護脱毛はメリットが多いので老後前にやっておこうと思っている方も多いでしょう。

しかし、デメリットも気になりますよね。介護脱毛のデメリットには何があるのでしょうか?

1.脱毛をするのに時間がかかる

脱毛は1回で終わりではなく、何回か回数を重ねる必要があります。何カ月かに1回のペースではありますが、通う手間とスケジュールの確保は案外面倒です。家から近いところにするなど、通う負担が少ない場所を選ぶといいでしょう。

2.ある程度お金がかかる

脱毛するには当然お金がかかります。介護脱毛をするなら一部だけではなく、せっかくなら全身きれいにしたい!という方も多いです。全身脱毛となればその分料金は高くなってしまいます。できるだけお得なキャンペーンを利用して脱毛を行うことをおすすめします。

3.温泉や人前で裸になるのが恥ずかしい

VIO脱毛をしてアンダーヘアを無毛にした場合は、温泉に入る時に正直ちょっと恥ずかしいかもしれません。

ちなみにVIO脱毛をするとツルツルの無毛になってしまうのでは?と思う方も多いですが、ナチュラルに仕上げることも可能です。

VIO脱毛はビキニライン(Vライン)、陰部両側(Iライン)、肛門周り(Oライン)の脱毛です。日本ではIラインとOラインは無毛にし、Vラインは形をきれいにして残すというのが一般的です。周りから見えるビキニラインが残っていれば温泉や人前で裸になっても恥ずかしくありません。希望があればVIO脱毛を受ける前に相談しておくといいでしょう。

介護脱毛におすすめのクリニックと脱毛料金

介護脱毛におすすめのクリニックと脱毛料金

介護脱毛をするのにおすすめのクリニックは、「介護脱毛」という言葉を広めたリゼクリニックです。リゼクリニックは開院以来12年間で、アンダーヘア脱毛を契約した40歳以上の女性患者数が約68倍にも増加しています。

介護脱毛の症例数はもちろん、患者さんに寄り添った説明や提案を期待できるでしょう!

リゼクリニックのVIO脱毛プランは5回81,600円、月々3,600円~の分割もできるので費用的にもはじめやすいのが魅力。5回で足りない場合は、コース後1回16,800円で追加照射できるので安心です。

リゼクリニック
リゼクリニックを見てみる>>

介護脱毛は介護する側にとってもされる側にとっても、非常にメリットの多いものです。早いうちに脱毛しておくに越したことはなく、むしろ早ければ早いほどお手入れの手間も省けて精神的な安心材料が増えます。

カウンセリングで「介護脱毛をしたい」と言うのが恥ずかしければ、「美容のために脱毛したい」「自己処理の手間をなくすために脱毛したい」と伝えてもいいでしょう。医療脱毛は若い人だけでなくあらゆる年代の方が通っていますので心配はありません。まずは、無料カウンセリングに参加してみましょう。