医療脱毛は痛いってほんと?痛みを抑える方法を解説

医療脱毛は痛いってほんと?痛みを抑える方法を解説

医療脱毛は高い効果を期待できる反面、「どれくらい痛いのか」「痛みを和らげる方法はないのか」など、痛みに対する不安の声も多くあります。

今回は、医療脱毛クリニック3社に通い続けた筆者が、医療脱毛の痛みや痛みを和らげる方法について解説していきます!

医療脱毛はどれくらい痛い?6年通った本音!

早速、医療脱毛はどれくらい痛いのか、解説していきます!

痛みには個人差があるので、今回は、筆者の体験談だけでなく医療脱毛を経験した方の口コミも集めてみました。さまざまな意見を参考にしてみてくださいね。

医療脱毛とエステ脱毛に通った筆者の例

率直に言うと、医療脱毛は痛い。どんな痛みかというと、毛の濃い箇所は「ゴムで弾かれるような痛み」、皮膚の敏感な箇所は「熱さに近い痛み」があります。

筆者は最初エステ脱毛に通っていたので、初めはかなりびっくりしました。エステ脱毛は照射の出力が弱いため、医療脱毛よりも痛みを感じにくいのです。

ただ、この驚きはどちらかというと「熱さに近い痛み」に対して。「ゴムで弾かれるような痛み」に関しては、正直、エステ脱毛とさほど変わりませんでした。

筆者

最初は驚きましたが、慣れれば怖がるほどではありません!私としては、麻酔がなくても十分耐えられる程度の痛みでした!

医療脱毛を経験した人の口コミ

医療脱毛はとても痛いイメージがありますが、痛みはそこまでなく我慢できる程度でした。レーザーを当てる際につけてくださるジェルが冷たいですが、看護師さんが楽しく会話してくださったため、気にせずに治療を受けることができました。とても暖かい雰囲気で、通いやすいなと感じました。

(引用元:Googlemap ジェニークリニック 新宿東口院、2022年1月)

院内とても綺麗で施術してくれる方もしっかりされていて話しやすいし、必要以上に話しかけてこないのでリラックスできます。

vioや皮膚が薄いところはとっっても痛いですが、我慢すれば綺麗な肌を手に入れられると信じています…

(引用元:Googlemap リゼクリニック 新宿院、2021年11月)

別のクリニックから移動してこちらにきました。VIOは初めて行ったのでやはり多少の痛みは感じましたが他の部位は痛みを感じなかったです。ひとつひとつ丁寧に施術してくれるので8回目終了した時の結果が楽しみです。

(引用元:Googlemap エミナルクリニック 銀座院、2021年2月)

1回目の施術を受けてきました。緊張していると、スタッフさんが「大丈夫ですよ!痛かったら言ってくださいね!」と言ってくれて、安心して臨むことができました。箇所ごとに強さを調整してくれたおかげで、痛みを我慢することができました。もちろんしっかり効果を実感できました。

(引用元:Googlemap フレイアクリニック 上野院、2021年9月)

やはりある程度の痛みはあるようですが、我慢できるという方が多いですね。

一方、VIOは強い痛みを感じるという声も。全身の中でもとくに毛が濃い部位なので、こればかりは仕方ないかもしれません。どうしても耐えられない場合は麻酔も利用できるので、スタッフに相談してみましょう。

とはいえ、痛みに対する意見には差があるようです。これは、脱毛部位や施術するクリニックによって痛みが変わることがあるためです。

筆者

VIOだけなら数分で終わるので、私は一時の我慢だと思って耐えてます!

部位によって痛みは変わる!

前述したように、部位によって脱毛の痛みは変わります。前の項目ではざっくりと医療脱毛の痛みに関する意見をご紹介しましたが、一概にはいえないのが事実。

部位ごとの痛みについて知って、医療脱毛の痛みをもっとよく理解しましょう。

部位 痛み
VIO 二重丸
感じやすい
丸
比較的感じやすい
丸
比較的感じやすい
三角
比較的感じにくい
三角
比較的感じにくい
お腹 丸
比較的感じやすい
背中 バツ
感じにくい

VIO・脇は痛みを感じやすい

脱毛の痛みは、毛が濃い部位ほど強くなる傾向があります。そのため、VIOや脇は全身の中でも痛みを感じやすい部位。

ただ、脇は比較的早めに毛が薄くなるので、それにともなって痛みは徐々に少なくなっていくでしょう。反対に、Iラインはとくに毛を薄くするのが難しいため、なかなか痛みは改善しないかもしれません。

筆者

私の場合、脇はもうツルツルなので全くと言ってよいほど痛くないです!Iラインはいまだに痛い……。

顔・お腹は基本的に痛みを感じやすい

皮膚が薄い部位は熱を感じ取りやすいため、脱毛の痛みが強くなります。そのため、顔やお腹も基本的には痛みを感じやすい部位。

ですが、これらの部位はレーザーの種類によっては痛みが少ないこともあります。

筆者

皮膚が薄い部位で感じる痛みは、毛の濃い部位と違って、熱がジワジワくる感じ。激しい痛みではないけど、私はこっちの方が苦手です。

腕・脚は基本的に痛みを感じにくい

腕や脚は、基本的に痛みを感じにくい部位。ただ、二の腕の内側など皮膚が薄い一部では熱さに近い痛みを感じるかもしれません。

また、もともと剛毛な方は初めのうち痛みを感じることも。ですが、脚は比較的効果の出やすい部位なので、痛みは徐々に和らいでいきますよ!

筆者

私は腕や脚で痛みを感じたこと、ほとんどありません!二の腕の内側くらいかな?

背中は痛みを感じにくい

背中は毛がそこまで濃くなく、皮膚も厚い部位。そのため、全身の中でも痛みを感じにくい部位です!

ただ、脱毛は日焼けをしていると痛みを感じやすくなるので、首もとなど日焼けをしやすい箇所には注意しましょう。

筆者

ちなみに、脱毛前に日焼け止めはぬれないので注意!夏場は持参して施術後にぬっています。

医療脱毛はなぜ痛いの?

医療脱毛は、毛の黒いメラニン色素に反応するレーザーで「毛乳頭」などの発毛組織に影響を与える脱毛方法。レーザーの熱が直接毛穴に伝わるので、痛みを感じるのです。

また、医療脱毛はエステ脱毛に比べてレーザーを照射する出力が強いのが特徴。そのため、発する熱も強くなり、エステ脱毛よりも痛みを感じやすい傾向があります。

ただ、これは一長一短。医療脱毛は出力が強い分、エステ脱毛より効果もぐっと高くなります。ある意味では、「効果を高めるために痛みが強くなっている」といえるかもしれません。

医療脱毛はなぜ痛いの?

痛みに耐えられない時の裏ワザ!蓄熱式ダイオードレーザー!

医療脱毛には痛みがつきものだと分かりましたが、やはり少しでも痛みを抑えた脱毛をしたいですよね。

そんな方におすすめなのが、「蓄熱式のダイオードレーザー」。「蓄熱式」と「ダイオードレーザー」について以下で詳しくご説明していきます!

蓄熱式とは

医療脱毛のレーザーには、「蓄熱式」と「熱破壊式」という2種類の方式が存在します。具体的には、蓄熱式が「バルジ領域」という発毛組織に作用するのに対し、熱破壊式は「毛乳頭」という発毛組織に作用するのが特徴。

そして、このうち蓄熱式は痛みが少ない方式!これは、バルジ領域が毛穴の比較的浅い部分にあるためです。

また、蓄熱式は日焼けや黒ずみのある肌でも照射しやすく、肌に余計な負担をかけにくいのも魅力ですよ!

蓄熱式とは
筆者

私はどちらの方式も経験しましたが、蓄熱式は毛の濃い部位特有のバチッとした痛みがほとんどないです!本当に差が大きくてびっくりしました!

ダイオードレーザーとは

医療脱毛のレーザーは、波長によっても種類が分かれています。それが、「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「YAG(ヤグ)レーザー」の3種類。

この中でも、ダイオードレーザーは痛みの少ないレーザーとしてよく名前があがります。こちらも肌質を問いにくいレーザーなので、肌に優しい脱毛をしたい方にもおすすめですよ。

また、3種類のレーザーを同時照射できる「ブレンドタイプ」もあり、蓄熱式であればこちらもかなり痛みを抑えられます

ダイオードレーザーとは
筆者

ちなみに、ダイオードレーザーは他レーザーが苦手な産毛や薄い毛に比較的高い効果を見込めますよ!

痛みの少ないレーザー脱毛機を扱うクリニック5社!

医療脱毛では、クリニックによって使用している脱毛機が異なり、搭載されている方式やレーザーが変わります。

そこで今回は、前の項目でご紹介した「蓄熱式のダイオードレーザー」と「蓄熱式のブレンドタイプ」を基準に、痛みの少ない脱毛ができるクリニックをご紹介していきます!

筆者

複数のレーザーがある場合には、無料カウンセリングで希望のレーザーに空きがあるか確かめておくと安心ですよ!

フレイアクリニック

フレイアクリニックの特徴は、痛みの少ない脱毛。医療脱毛で使われるレーザーの中でも特に痛みを感じにくいと言われている、蓄熱式のダイオードレーザーを搭載した脱毛機器を扱っています。さらには麻酔を無料で使用できるので、脱毛の痛みが不安な方にはぜひともおすすめしたいクリニックです。また、その他の基本的なオプションも全て無料な上に、平日は21時まで営業。全体的に見てサポート体制がしっかりと整っており、信頼して通うことができるでしょう。

ただ、レーザーに関しては一長一短なところも。ダイオードレーザーは痛みを感じにくく毛質や肌質を問わない一方で、濃い毛や根深い剛毛に特別高い効果があるわけではありません。もちろん、それでも十分な脱毛効果はあります。特定の毛質に対する脱毛効果やレーザーの種類にこだわることがなければ、そこまで気にすることもないでしょう。

全身+VIO+顔の料金(税込)<一般>
562,000円(8回)
361,800円(5回)
<大学生>
532,000円(8回)
346,800円(5回)
<中高生>
512,000円(8回)
331,800円(5回)
<共通>156,200円(1回)
全身+VIOの料金(税込)<一般>
417,400円(8回)
267,800円(5回)
<大学生>
397,400円(8回)
257,800円(5回)
<中高生>
382,400円(8回)
247,800円(5回)
<共通>114,400円(1回)
全身のみの料金(税込)<一般>
272,800円(8回)
173,800円(5回)
<大学生>
262,800円(8回)
168,800円(5回)
<中高生>
252,800円(8回)
163,800円(5回)
<共通>72,600円(1回)
割引制度乗り換え割:3,000円引き
ペア割:10,000円引き
セット割:全身脱毛と部位別脱毛の同時契約で最大10,000円引き
個別に脱毛できる部位VIO、顔、腕、脚、うなじ、胸、お腹、背中、ヒップ
カウンセリング無料
テスト照射無料
キャンセル無料(前日以降のキャンセルは消化)
シェービングサービス無料
麻酔無料
照射漏れの追加照射無料
初診・再診無料
薬・処置無料
レーザーダイオードレーザー(蓄熱式)
店舗札幌院、池袋院、新宿院、銀座院、上野院、渋谷院、町田院、立川院、大宮院、横浜院、名古屋院、大阪梅田院、なんば院、福岡天神院、沖縄那覇院
エミナルクリニック

エミナルクリニックは、数ある医療脱毛クリニックの中でもかなりお得な価格で全身脱毛を受けられるクリニック。基本料金の安さに加えて、割引制度の割引額も比較的高いのが特徴です。また、全国に非常に多くの店舗を展開しているので、地方にお住まいの方にもおすすめ。営業時間は店舗によって異なりますが、21時まで営業している店舗も多くあります。さらに、妊娠や長期出張などに対して契約期間を延長できるサポートもあるので、通いやすさについては申し分ないでしょう。

一方、剃り残しのシェービングに対して1部位につき1,000円の追加料金が発生するのがネック。ただし、手の届かない背面は無料でシェービングしてもらえます。事前の自己処理を忘れずに行っていれば、そこまで大きな負担にはならないでしょう。

全身+VIO+顔の料金(税込)<地域A>185,000円(5回)
<地域B>221,000円(5回)
全身+VIOの料金(税込)<地域A>119,000円(5回)
<地域B>155,000円(5回)
全身のみの料金(税込)<地域A>119,000円(5回)
<地域B>155,000円(5回)
割引制度全身脱毛に無料でVIO脱毛追加
個別に脱毛できる部位無料カウンセリングで要確認
カウンセリング無料
テスト照射無料
キャンセル無料(前日18時以降のキャンセルは消化もしくは10,000円のキャンセル料)
シェービングサービス1部位:1,000円(税込)
麻酔麻酔クリーム:3,000円(税込)
照射漏れの追加照射無料カウンセリングで要確認
初診・再診無料
薬・処置無料
レーザーダイオードレーザー(蓄熱式)
店舗札幌院、青森院、盛岡院、仙台院、郡山院、横浜院、桜木町院、川崎院、千葉院、船橋院、大宮院、宇都宮院、 高崎院、 池袋院、池袋東口院、新宿院、新宿西口院、渋谷駅前院、銀座院、町田院、上野院、立川院、 新潟院、長野院、富山院、金沢院、岐阜院、福井院、名古屋院、豊橋院、静岡院、浜松院、四日市院、梅田院、梅田イーマ院、心斎橋院、心斎橋2号院、天王寺院、京都院、神戸院、神戸御幸通院、姫路院、和歌山院、奈良院、 岡山院、広島院、徳島院、高松院、松山院、高知院、福岡天神院、小倉院、久留米院、長崎院、熊本院、大分院、宮崎院、鹿児島院、那覇院
リアラクリニック

リアラクリニックは、全身脱毛を相場よりもかなり安く受けられるのが魅力。無料のオプションも豊富で、キャンセルに関してはなんと予約時間までに連絡すれば当日キャンセルでも一切のペナルティなし。麻酔のみ追加料金が発生しますが、痛みを感じにくい蓄熱式のダイオードレーザーを使用しているため麻酔の出番もほとんどなさそうです。加えて、割引制度の割引額も比較的高めなので、割引を適用できる方であればさらにお得に脱毛を受けられます。

ですが、通いやすさについては多少の難あり。営業時間は店舗によって変わりますが、19時閉店など営業時間が短いことも多くあります。店舗数もやや少なく一つの店舗や一定の日時に予約が殺到することも考えられます。ペナルティがなくキャンセルが気軽にできても、予約を取りなおすのが簡単かということはまた別。極力キャンセルは避けるようにしたいですね。

全身+VIO+顔の料金(税込)284,900円(5回)
全身+VIOの料金(税込)213,400円(5回)
全身のみの料金(税込)141,900円(5回)
割引制度学割:最大45,000円引き
ペア割:最大55,000円引き
乗り換え割:最大20,000円引き
紹介割:最大50,000円引き
個別に脱毛できる部位VIO、Vライン、Iライン、Oライン、顔、おでこ、眉周り、頬、鼻下、あご、首、うなじ、脇、胸、乳輪、お腹、へそ周り、背中、腰、ヒップ、腕、ひじ上、ひじ下、手、脚、ひざ上、ひざ下、ひざ、足
カウンセリング無料
テスト照射無料
キャンセル無料(予約時間までなら当日キャンセルも無料)
シェービングサービス無料
麻酔麻酔クリーム:3,000円(税込)
照射漏れの追加照射無料
初診・再診無料
薬・処置無料
レーザーダイオードレーザー(蓄熱式)
店舗新宿院、池袋院、横浜院、名古屋院、名古屋栄院、京都院、福岡院
グロウクリニック

GLOWクリニックの魅力は、なんといってもお得な料金設定。基本料金が安いのも魅力ですが、GLOWクリニックのお得なポイントはそれだけではありません。無料のオプションが非常に充実しており、麻酔まで無料で使用できるというから驚き。麻酔はほとんどのクリニックで有料なので、これはかなり良心的です。さらに、脱毛機器は3種類のレーザーを搭載したものを使用。サービスも設備も十分過ぎるほどに充実しており、料金の安さを全く感じさせません。

ただ、GLOWクリニックは剃り残しのシェービングが有料。とはいえ、背中など背面のシェービングは無料です。また、基本料金がとにかく安いので、数千円の追加料金はあまり気にならないかもしれませんね。

全身+VIO+顔の料金(税込)197,500円(5回)
全身+VIOの料金(税込)155,000円(5回)
全身のみの料金(税込)88,000円(5回)
19,500円(都度払い)
割引制度学割プラン:最大25,000円引き
のりかえプラン:最大25,000円引き
親友プラン:最大25,000円引き
紹介プラン:最大26,400円引き
個別に脱毛できる部位公式サイトに記載なし
カウンセリング無料
テスト照射無料
キャンセル無料(前々日19時以降のキャンセルは消化)
シェービングサービス有料
麻酔無料
照射漏れの追加照射公式サイトに記載なし
初診・再診無料
薬・処置無料
レーザーブレンド(蓄熱式)
店舗渋谷院、新宿院、銀座院
ジェニークリニック

ジェニークリニックは、サービスが比較的充実しているクリニック。基本的なオプションはほとんど無料で、当日キャンセルに関しても予約時間までに連絡を入れればペナルティなしで予約を延期できます。また、脱毛機器は3種類のレーザーをブレンドしたものを使用。それぞれのレーザーの特徴を生かした効率的な脱毛が可能です。さらに、施術は完全個室で行われるため、周りの目を気にせずゆったりとできます。設備面でも優秀なのは大きなメリットですね。

一方、料金は相場よりも少し高め。充実したサービスや設備を踏まえると妥当な価格設定ではありますが、料金を重視している方にとってはここがネックになるかもしれません。

全身+VIO+顔の料金(税込)346,000円(5回+VIO3回追加保証)
全身+VIOの料金(税込)258,000円(5回+VIO3回追加保証)
全身のみの料金(税込)125,000円(5回)
88,000円(3回)
割引制度学割:25,000円引き
ペア割:20,000円引き
乗り換え割:25,000円引き
親子割:35,000円引き
個別に脱毛できる部位VIO
カウンセリング無料
テスト照射無料
キャンセル無料(予約時間までなら当日キャンセルも無料)
シェービングサービス無料
麻酔麻酔クリーム:3,300円(税込)
照射漏れの追加照射無料
初診・再診無料
薬・処置無料
レーザーブレンド(蓄熱式)
店舗新宿東口院、池袋西口院、渋谷院、恵比寿院、横浜院、大宮院、名古屋院、心斎橋院

痛みを抑えるコツはまだまだある!

レーザーにこだわることで脱毛の痛みはぐっと抑えられますが、それ以外にも痛みを和らげる方法はあります。

細かなポイントも押さえて、少しでも痛みを抑えましょう!

保湿やUV対策など肌をケアする

乾燥している肌は非常に敏感になっているため、脱毛で痛みを感じやすくなります。そのため、保湿は脱毛前後だけでなく日頃からきちんと行うようにしましょう。

また、日焼けや黒ずみがある箇所も痛みを感じやすいので注意。重度の場合には照射を避けられてしまうこともあるので、UV対策をしっかりして、黒ずみができるような締め付けの強い衣類や摩擦が起きる行為は避けてください。

筆者

黒ずみに関しては、きつい下着に要注意です!

麻酔を利用する

医療脱毛では、麻酔も利用できます。

ただし、ほとんどのクリニックで麻酔は1回数千円と有料。また、麻酔クリームの場合は効き目が出るまでに時間がかかるため、事前に予約して早めにクリニックへ向かう必要があります。

筆者

笑気麻酔を用意しているクリニックもありますが、効き目の高い麻酔をしたいなら麻酔クリームがおすすめです!

レーザーの出力を弱めてもらう

多くのクリニックで、レーザーの出力は調節可能。レーザーの出力が強いほど痛みも強くなる傾向があるので、耐えられない場合は出力を弱めるよう相談してみるのも手です。

ただし、脱毛効果も落ちてしまうので注意。これは最後の手段といえるかもしれませんね。

医療脱毛は痛いほど効果があるって本当?

「痛みが強いほど脱毛効果が高い」という話をよく耳にしますが、これは正しいとも間違っているともいえます

脱毛機器は毛の黒いメラニン色素に反応しているので、毛が濃い部位ほどレーザーがよく反応して痛みは強くなります。そして、その分毛が濃い部位の方が効果がはっきりと表れるのは事実。

また、レーザーの出力が強い場合も、効果が高まる半面、痛みを感じやすくなります。医療脱毛がエステ脱毛より高い効果を見込めるのもこのためですね。

ただ、視覚や聴覚に個人差があるように、痛覚にも個人差があります。また、日焼けや肌荒れなどがあると痛みを感じ取りやすかったり、施術回数を重ねると毛が薄くなって痛みが薄れていくことも。

つまり、痛みと効果が必ずしも比例するわけではないのです。

医療脱毛の痛みは抑えられる!

医療脱毛の痛みは抑えられる!

正直なところ、医療脱毛に痛みはつきもの。中でも、VIOなど毛の濃い部位や皮膚の薄い部位は痛みを感じやすくなります。

ただ、脱毛の痛みは抑えられるもの。とくに、レーザーの方式や種類にこだわればかなり痛みの少ない脱毛ができるでしょう。他にも、肌のケアや麻酔によって痛みは和らげられます。

今回ご紹介した内容を参考にして、ぜひストレスの少ない脱毛を目指してくださいね!

レーザーや麻酔などさまざまな条件でクリニックを徹底比較したい方は、こちらの記事もおすすめです。

医療脱毛おすすめクリニック10選!選び方と部位別・タイプ別のおすすめ
医療脱毛おすすめクリニック10選!選び方と部位別・タイプ別のおすすめ
高い脱毛効果で人気の医療脱毛ですが、いざクリニックを選ぶとなると「何を基準に選べばよいのか分からない」「どのクリニックが…