脱毛できない肌の条件って?日焼けやアトピーは脱毛できる?

脱毛できない肌の条件って?日焼けやアトピーは脱毛できる?

今や男女問わず多くの方が取り組んでいる脱毛ですが、実は肌の状態によっては脱毛ができないということをご存じでしょうか。

「日焼けやほくろがあっても大丈夫か」「アトピーや敏感肌は施術を受けられるのか」など、不安な点は様々にありますよね。

そこで今回は、脱毛ができない肌の状態その対処法について解説。

肌を万全な状態に整えて、安全な脱毛を行いましょう。

脱毛ができない肌の条件って?日焼けやアトピーの肌は?

脱毛は毛穴に作用する以上、少なからず肌に影響を与えるもの。肌にお悩みがあると、なにかと不安ですよね。実際、肌の状態が悪いと照射の妨げになることがあります。

以下では、脱毛を行うのに問題がある肌の条件をご紹介。対策までしっかり解説していくので、肌に関する疑問や不安を取り除いていきましょう。

日焼けで脱毛できない

脱毛機器は、毛の黒いメラニン色素に反応して熱を放出することで発毛組織にダメージを与えています。つまり、基本的に光やレーザーの熱は毛穴に集中するということ。

しかし、メラニン色素を含む重度の日焼け部分に照射を行うと肌にまで熱が集中してしまいます。もともと日焼けは炎症を起こしている状態でもあるので、やけどのリスクが高く非常に危険。そのため、重度の日焼けは照射を避けるか照射の出力を弱めるといった対応を行います。

ただし、これは脱毛機器が反応してしまうほどの濃い日焼けの場合のみ。たいていの日焼けは問題なく照射できるので、必要以上に心配せずまずはカウンセリングなどで相談してみましょう。

とはいえ、軽度でも日焼けで肌が乾燥していれば脱毛効果も下がってしまいます。日頃からUV対策は欠かさないようにしてください。また、日焼けをしてしまった肌には美白効果のある医薬部外品で保湿を行うのも効果的です。

ほくろ・シミで脱毛できない

日焼けと同じ理由で、メラニン色素を含むほくろやシミが照射の妨げとなることも。

色が濃く広範囲のシミやほくろがある場合には、シールやテープなどを貼って脱毛の光やレーザーが当たらないようにします

ですが、ほくろやシミに関しても色の薄いものや小さなものであればたいていは通常通りの照射が可能

どの程度の色や大きさなら照射できるかはサロンやクリニックによっても異なるので、気になる方はカウンセリングの際に前もって確かめておきましょう。

対処法としては、日焼けと同じようにUV対策を念入りに行うこと。ほくろやシミも紫外線が原因になることがほとんどです。

また、美白効果のある医薬部外品を使ったり、キウイなどの果物からビタミンCを意識して摂るのも良いでしょう。

黒ずみで脱毛できない

重度の黒ずみについても、前述したメラニン色素に関する理由から通常の照射を行えない場合があります。黒ずみが起こりやすい部位としては、脇、ひじ、ひざ、VIOなど。

ただ、黒ずみも軽度のものであれば照射はできます。特にVIOは不安を感じる方が多いかもしれませんが、多少の黒ずみがあるのは当たり前でほとんど脱毛に問題はありません。

また、黒ずみも日焼けやシミと同様に改善することができます。

まずは、摩擦などの過度な刺激を与えないこと。頻繁な自己処理や過度な洗浄は避け、きつい下着やスキニーパンツなど締め付けの強い服に注意しましょう

さらに、蒸れないようケア製品の油分に注意しつつ保湿を欠かさないことも重要です。

ニキビで脱毛できない

ニキビは基本的に通常通りの照射が可能ですが、悪化して化膿していたり重度の色素沈着がある場合などは照射ができないことも。

対策としては、肌を清潔に保って保湿に努めること。

ただし、皮脂の分泌が多い場合や汗をかきやすい時期には要注意。クリームなど油分の多い保湿アイテムを使うと、かえってニキビの原因となることもあります。

こうしたときには、化粧水など油分の少ない保湿アイテムを数回に分けて使用しましょう。

加えて、既にできたニキビに対しては刺激を与えないことが何より大切です。洗顔は泡の上からなぞるようにして、保湿も肌をなでるのではなく押し込むイメージでケアを行ってください。

アトピー・敏感肌で脱毛できない

アトピーや敏感肌といった肌質の方でも、症状が落ち着いていれば脱毛は可能

ただし、炎症が起こっている箇所に関しては症状が悪化する恐れがあるため照射はできません。症状の度合いにもよるので、まずはサロンやクリニックに相談してみるのが良いでしょう。

対策としては、薬が処方されているのであれば適切に使用すること。

保湿も重要ですが、過度な保湿が肌荒れに繋がってしまうこともあります。汗をかきやすい時期や蒸れやすい部位には油分の少ないケア製品を使うなどして調節しましょう。

また、肌に刺激を与えないことも肝心です。衣類の素材や締め付けに注意して、肌にストレスを与えないようにしてください。

加えて、自己処理の頻度も最低限にとどめ、カミソリなどではなくできるだけシェーバーを使うことをおすすめします。

ケロイド体質で脱毛できない

「ケロイド」とは、傷跡が赤く腫れあがって残ってしまうもの。この症状が出やすい体質のことを「ケロイド体質」といい、この体質の方は基本的に脱毛を受けることができません

理由としては、自己処理による小さな傷であっても脱毛の光やレーザーに反応してケロイドが発症する危険があるため。

ケロイド体質の原因について、現時点でははっきりとしていません。ですが、過去に傷が盛り上がるように晴れた経験のある方は要注意。

また、家族にケロイド体質の方がいる場合も注意しましょう。こうした不安のある方は、脱毛を検討する段階で医療機関にかかることをおすすめします。

あざ・傷で脱毛できない

重度のあざや傷がある箇所についても照射はできません。

あざにはメラニン色素があるため脱毛機器が反応することによるやけどのリスクがあり、傷は照射の熱によって悪化する危険性があります。

ただし、あざや傷がある部分を避けて照射すれば脱毛を受けること自体は可能。狭い範囲のあざや傷であればそこまで心配する必要はないでしょう。

一方で、あざや傷が広範囲の場合は照射を避ける範囲も広くなるため、毛の生え具合に差が出てしまいます。大きなけがをしたのであれば、サロンやクリニックに相談しつつ脱毛をお休みすることも検討してみましょう。

タトゥー(入れ墨)・アートメイクで脱毛できない

皮膚にインクを入れるタトゥーやアートメイクは、インクの色素に脱毛機器が反応してやけどに繋がる可能性が。そのため、こうした箇所は避けて照射を行います

デザインが広範囲に及ぶ場合は、その部位が全体的に照射できないということも。

ですが、脱毛自体を受けられないということはありません。温泉やプールといった施設のようにタトゥーが入っているからといって入店を断られることはないので、安心してくださいね。

未成年の肌で脱毛できない

脱毛ができる条件として、「初潮を迎えてから」という基準があります。というのも、生理が来る前と後ではホルモンバランスが変化して毛の生え具合にも影響があるのです。

つまり、初潮を迎える前に脱毛をしても、ホルモンバランスが変化した後で毛量が増えたり毛が濃くなってしまう可能性があるということ。

これを踏まえて、サロンやクリニックでは個々に年齢制限を設けています。未成年の方が脱毛を検討する場合は、こうした点もよく確認しておきましょう。

肌に不安がある人におすすめの脱毛方法は?

肌に不安がある人におすすめの脱毛方法は?

脱毛に問題がある肌の状態やその対処法が分かっても、やはり不安なものは不安。サロンやクリニックにはできる限りのサポートをしてもらいたいですよね。

そんな方におすすめなのが、医療脱毛。医療脱毛は医療機関と認められたクリニックのみが行うことができ、信頼できる脱毛方法です。また、医師が常駐しており、肌トラブルなどがあった際には診察や薬の処方を受けられます

さらに、医療脱毛はエステ脱毛や家庭用脱毛器などに比べて脱毛効果が高いという特徴も。そのため、自己処理の頻度が減るのも早く、肌への負担を早いうちから軽減できます。肌にお悩みのある方は、ぜひ医療脱毛での脱毛を検討してみてください。

脱毛できない部位もある!どこまで脱毛できるの?

ここまで脱毛が難しい肌の状態について解説してきましたが、肌の状態が万全でも脱毛をできない部位があります。

以下に該当する部位をまとめたので、肌質に関する条件とあわせてよく確認しておきましょう。

脱毛ができない部位

  • Iラインの内側など粘膜の部分
  • 乳輪など色の濃い箇所
  • 眉毛など目の周辺
  • 産毛でない髪の毛

まず、Iラインの内側など粘膜にあたる部分は照射ができません。粘膜は皮膚が非常に薄く敏感なため、脱毛機器が放出する熱によってやけどや傷を負ってしまう可能性があります。

また、乳輪などの色が濃い箇所も避けて照射を行うのが基本。脱毛機器は毛の黒いメラニン色素に反応して熱を放出するため、皮膚の色素に反応すればやけどに繋がることも。

目の周辺に関しては、大きなゴーグルやサングラスなどを着用して脱毛の光やレーザーが当たらないように照射を行います。眉毛も基本的には脱毛できないので覚えておきましょう。

加えて、髪の毛も脱毛ができない部位にあたります。これは、メラニン色素を多く含む太い髪の毛には脱毛機器が強く反応しすぎてしまうため。

ただし、うなじやおでこの生え際近くに生えている産毛は多くの場合脱毛が可能。生え際の脱毛範囲について、詳しくは各サロンやクリニックでスタッフに確認してみてください。

肌の状態を整えて安全で効果的な脱毛を!

肌の状態を整えて安全で効果的な脱毛を!

内容のまとめ

  • 脱毛には照射が難しい肌の条件が様々にある
  • 日頃から肌のケアに気をつかうことが大切
  • 肌質や体質に不安がある場合には医師やスタッフに相談しておく
  • 医療脱毛は肌にお悩みのある方におすすめ
  • 肌の状態が良くても部位によって脱毛できないことがある

日焼け、ほくろ・シミ、黒ずみなど、脱毛には照射をすることが難しい肌の状態がいくつかあります。

ですが、これらが照射の妨げとなるのは重度の場合。ほとんどの場合は問題なく照射できるので、心配しすぎずにまずはカウンセリングなどでスタッフに確認してみましょう。

また、肌の状態は日頃のケアで予防や改善ができるものも多くあります。保湿やUV対策などを欠かさず自己処理など肌への刺激は最小限になるよう努めてください。

それでも肌質などに不安がある方には、医療脱毛がおすすめ。医療脱毛では、肌トラブルなどがあった際に常駐する医師による診察や薬の処方を受けられます。脱毛効果も高いので、肌への大きな負担となる自己処理の頻度も早いうちから減らせるでしょう。

まずは、自分の肌の状態を知ることから。不調を感じたら日頃のケアや習慣を見直して、健康的な肌で脱毛にのぞみましょう。

肌のことも考えて質の良い好条件のクリニックを知りたい方は、こちらも参考にしてみてください。

医療脱毛のおすすめはどれ?全16クリニックの特徴を項目別に比較!
医療脱毛のおすすめはどれ?全16クリニックの特徴を項目別に比較!
脱毛効果の高さから人気を集めている医療脱毛。料金・効果・通いやすさ・サービス・プランなど、様々な角度から医療脱毛クリニッ…